友だち追加

まちの整体整骨院神戸トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

コロナで大変な時期こそお灸で免疫力アップ(足三里)

2020.05.12

こんにちは!!

まちの整体整骨院です。

コロナの影響で全世界大変な混乱に陥っています。

そんな中で僕たちにできることは、患者様の痛みを改善したり、鍼灸治療によって免疫力アップを図ること。

以前お灸の話をしましたが、今日はそのお灸をどこにすればどんな効果があるのかをお話していきます。

今日ご紹介するのは【足三里(あしさんり)】について!!

足三里は昔から免疫力を上げるツボとして有名です。

様々な病気の初期症状に用いられ、特に胃痛など消化器系の症状や、足の痛みなどにも使います。

膝のお皿の下の外側の窪みから指4本分下がったところにあります。

松尾芭蕉が「奥の細道」の中で「三里に灸すゆる」とうたったように、全国中を旅する最中にこの足三里にお灸をすえていたということでも有名です。

それぐらい以前から行っていたなんてすごいですね。

最近ではお灸を毎日行っている人と、そうでない人の血液を検査したところ白血球の数値が毎日行っている人のほうが多かったという結果も出ています。

白血球が多いということは免疫が上がっている状態です。

そこにツボを使った治療を行うことでより効率よく免疫をアップさせることができますね。

実際に当院で使うお灸はやけどの心配がありません。

お灸というと熱いや、やけどが心配とおっしゃられる方もいますが、最近のお灸はそういった心配がありません。

もしお灸が怖いということであれば、指圧で刺激することをお勧めします。

10秒ほど足三里のツボを刺激するだけでも大丈夫です。

両足にこのツボはありますのでもし刺激を加えるときは両足に行ってくださいね。

まだまだコロナの影響で不安な日々が続いていますが、免疫を高めてコロナに負けない体づくりをしていくことでこの大変な時期を乗り越えていけたらと思います。

—————————————————―――――――――

「どのような痛みも根本から改善!」

—————————————————―――――――――

\ バランス整え元気な毎日! /

 

周りの同世代より健康なカラダへ

 

【まちの整体整骨院】

【住所】

神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

神戸市営地下鉄名谷駅徒歩3分 *ルッカビル裏公団の1階にあります!!

【電話番号】

078-792-8444

【診療時間】

平日・日曜:午前9:00~12:00 午後14:00~19:00

土曜:9:00~14:00

木曜定休日

*木曜日以外の祝日も通常通り診療しています。

 

手を使う時に手首の小指側が痛い!それはTFCC損傷の疑いがあります。

2020.05.04

こんにちは!!

まちの整体整骨院です。

患者様から、今日ドアノブを回した時手首に痛みがあったんです。

こんな相談がありました。

いろいろ検査した結果TFCC損傷の疑いがありました。

TFCCとは、三角繊維軟骨複合体といい、手首の小指側に位置します。

橈骨と尺骨の間を結んでいる靭帯や腱、軟骨などの軟部組織によって構成され、手をついて転倒したり、スポーツや日常生活での使い過ぎにより炎症がおこり症状が出現します。

どんなことをしたら痛みが出るかというと、タオルを絞ったり、ドアノブを回すとき、手首を小指側に曲げることで痛みが生じます。炎症がひどい場合には安静時でも痛みを訴え、腫れや熱感を生じます。

TFCC損傷のリスク因子

・加齢

・グリップ動作を行う野球、テニス、ゴルフなどのスポーツをする人

・関節リウマチや痛風を持っている方

などがあります。

今回の場合、裁縫をよく行う方で手首の使い過ぎによって日ごろから軽微な損傷が続いたことがまず考えられました。

そして、手をついた時に痛みが一度あったようですが、その時は痛みは少し落ち着いていたが、ドアを開けようとした時に特に痛みが強く出たようで、その際に特に損傷が大きくなったことが今回の痛みの原因になっているのだろうと考えられます。

治療としては、前腕から手の筋肉の緊張を取り除き、炎症を抑えるために超音波治療を行っていきました。

施術後は、疼痛の軽減が認められましたが、日常生活に起きて使うことが多いので、テーピングで手首の保護を行い、過度のストレスが手首にかからないようにしていきました。

 

特に転倒して手をついたわけではないのに痛みがあるような方は、日常生活で手を酷使することが多い可能性があります。

そのほかグリップ動作を行うスポーツをされる方も痛める可能性があります。

もし、手首の痛みでお困りの際はぜひご相談ください!!

 

 

—————————————————―――――――――

「どのような痛みも根本から改善!」

—————————————————―――――――――

\ バランス整え元気な毎日! /

 

周りの同世代より健康なカラダへ

 

【まちの整体整骨院】

【住所】

神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

神戸市営地下鉄名谷駅徒歩3分 *ルッカビル裏公団の1階にあります!!

【電話番号】

078-792-8444

【診療時間】

平日・日曜:午前9:00~12:00 午後14:00~19:00

土曜:9:00~14:00

木曜定休日

*木曜日以外の祝日も通常通り診療しています。

モートン病とは?

2020.04.27

モートン病

モートン病とは、足の指の間を通る神経が圧迫されることによっておこる神経障害の一種です。

足の中指(第3足趾)と薬指(第4足趾)の間にピリピリとした痛みやしびれ、灼熱感(焼けるような熱さ)を感じます。

足の人差し指(第2足趾)と中指(第3足趾)の間にも起こることがあります。

歩行中やランニング中などで地面を蹴り上げた時、つま先立ちをした時などに症状がみられます。

特に中年以降の女性に起こりやすい疾患になります。

足趾の付け根には隣り合う足趾同士をつないでいる靭帯(深横中足靭帯)があり、このすぐ足底側(足の裏側)を神経が通過するため、靭帯と地面からの圧迫により生じます。

 

(原因)

・ヒールが高い靴(4cm以上)、ヒールが細く安定しない靴を履いている

・靴のつま先が細く足先が圧迫されている

・ソールや中敷きが薄い靴を履いている

・仕事でしゃがむことが多くつま先立ちになりやすい

 

これらの原因によって起こる可能性が高くなってきます。

 

足の裏にはアーチと呼ばれるカーブがあり、特に横アーチが重要になります。

足をつま先側から見てみると本来山型になっていればいいのですがこの横アーチがなくなると真っ平らになり前足部への負担が多くなります。

ここで横幅が細い靴を履いてしまうと圧迫する力が強くかかりすぎてモートン病の原因になります。

 

(診断)

隣り合う中足骨の先端の間にしこり(神経の腫れ)を確認したり、その部位をたたいて足先にピリピリとした痛みがあればこれを疑います。

そのほか、足趾を背屈(つま先を上げる)、つま先立ちをする、第1趾から第5趾を包み込み横から圧迫すると痛みが誘発されるか確認します。

もちろん直接レントゲンなどを撮って画像から診断することもあります。

 

 

まずは安静にして使わないようにするのがベストですが歩かないということは生活に支障をきたしますので部分的にそうはいきません。

 

一般的な対処方法としては、

 

・足底のマッサージ

 

・電気療法

 

・温熱療法

 

・テーピング

 

・インソール(中敷き)

 

・消炎鎮痛剤・ブロック注射

 

があり、それでも改善しない場合には手術が適用されることもあります。

 

当院では、足の裏の痛みによって歩きかたや、体のバランスが崩れてしまっていることもあるので体の根本から診させていただきます。

崩れた足の裏のアーチによって負担がかかった筋肉をほぐしていき、鍼灸、テーピングなどを行っていきます。

体のバランスが崩れることによってゆがみも出てくることがありますのでその調整も行います。

 

足の裏の痛みには、足底筋膜炎や開張足による中足骨骨頭痛などほかにも原因があります。

痛みの原因を見極め適切な治療をしていくことが必要になってきます。

 

そうならないためにも違和感があれば、すぐに専門の先生に診てもらうことをお勧めします。

骨盤底筋の必要性

2020.04.20

骨盤底筋の鍛え方と効果

骨盤底筋とは、骨盤の底(恥骨、尾骨及び坐骨の間)にある筋肉の総称であり、骨盤内臓器を下から支え、排尿、排便をコントロールする働きがあります。

この筋力が落ちることにより、内臓が下に下がってきて、おなかが出たり、内臓の機能が低下して代謝が落ち脂肪も付きやすくなります。

筋力低下だけではありませんが、加齢とともに臓器が骨盤から逸脱して骨盤臓器脱を引き起こすこともあります。妊娠を経験したことのある方の50%以上が軽症のものでも症状がみられるそうです。

そしてもう一点、筋力低下により尿漏れが起きやすくもなります。

(骨盤底筋筋力低下による症状)

・尿漏れ

・頻尿

・便秘

・ポッコリおなか

・代謝低下

・骨盤臓器脱

・腰痛

・O脚、X脚

・プロポーション崩れ

 

構成する筋肉は浅層と深層に分かれます。

(深層)

・恥骨直腸筋

・恥骨尾骨筋

・腸骨尾骨筋

・尾骨筋

(浅層)

・球海綿体筋

・坐骨海綿体筋

・外肛門括約筋

・深会陰横筋

・浅会陰横筋

によって構成されます。

骨盤底筋群は上部から臓側骨盤隔膜、骨盤隔膜、尿生殖隔膜という3層構造になっています。

①第1層:臓側骨盤隔膜

骨盤腔内の臓器の表面を覆い、臓器間を埋める結合組織

②第2層:骨盤隔膜

肛門挙筋と尾骨筋からなる

・肛門筋

前部:恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋

後部:腸骨尾骨筋

・尾骨筋

③第3層:尿生殖隔膜

恥骨結合と、両側の坐骨結節との間にあり、上下の筋膜層からなりその間に浅・深会陰横筋、球海綿体筋、坐骨海綿体筋、尿道括約筋がある。

骨盤底筋群にアプローチとして対象となるのは、第2層の骨盤隔膜内の筋肉になります。

骨盤底筋群は休息時にも常に活動して、姿勢保持筋としても重要な役割があります。

骨盤底筋には速筋と遅筋があり、速筋はくしゃみなどをした時に瞬時に尿が漏れないように尿道を閉める役割があり、遅筋は尿道を閉め続ける筋肉で尿意を感じてから排尿をがまんする働きがあります。

速筋と遅筋の割合としては遅筋のほうが多いという特性があります。(速筋30%、遅筋70%)

この遅筋繊維は姿勢保持に重要な比較的弱い力で持続的に働く特性があります。

姿勢保持のために上肢を上げる際先行的に作用する予測的姿勢制御の反応が腹横筋にはありますが、同時に骨盤底筋も作用します。

体幹の安定性や姿勢保持に必須なのが、体幹のインナーマッスルです。

これは、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋によって構成されます。

これらがバランスよく働くことで、腹腔内圧を保ち腰部に負担のかからない姿勢を保つことができます。

骨盤底筋の筋力低下などにより、下側からの支えが不十分になり内圧が保てなくなって腰痛を起こすこともあります。

 

呼吸運動の際にも横隔膜と協調して骨盤底筋が働きます。

息を吸う際は横隔膜は下降し、骨盤底筋は弛緩します。

息を吐く際は横隔膜は挙上し、骨盤底筋は収縮し挙上します。

 

女性の場合、妊娠期にはリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。出産の際骨盤の中の産道を通って赤ちゃんが生まれてきますが、本来の骨盤の大きさでは通ってこられないため靭帯や関節を緩めて骨盤を広げるために出てくるホルモンです。

これは出産後次第に分泌しなくなるものですが、出産で骨盤が歪んだ状態のままで固まってしまうことがあります。

この出産のときに骨盤が広がるので骨盤底筋も一緒に緩みますが、骨盤が歪んだままで固まると、骨盤底筋にも余分なストレスがかかってきてしまいます。

ですので骨盤底筋を鍛えるのも重要ですが、同時に骨盤を矯正することも必要になってくるわけです。

では、これらの筋肉を鍛える方法ですが、まず呼吸にも関与するということで一番簡単な方法としては

腹式呼吸になります。横隔膜と協調して働くことから、横隔膜も意識しながら行ってください。

 

ケーゲル体操

・仰向けになり足を肩幅に開いて膝を立てます。(リラックスした状態で)

・肛門と尿道を閉めて体の中に引き上げるように力を入れて5秒キープ

・キープ後に10秒間リラックス

・5回5セットを目安に行ってください。(あくまでも回数は目安です。)

この運動の際に注意することとして、腹筋に力が入らないように行ってください。

速筋繊維を鍛えるには、グッと閉めてすぐ緩める動作5回を5セット(速いテンポでの運動)

遅筋繊維を鍛えるには、5秒間グッと閉めて10秒間緩める動作5回を5セット(持続性のある運動)

骨盤が歪んでいる場合は骨盤を矯正してもとの位置に戻し筋肉へのストレスを改善して、こういった筋力トレーニングを行っていくことで効率よく筋力アップが図れ、上記に書いた症状の軽減にもつながります。

 

免疫力アップのための入浴!!

2020.04.13

こんにちは、まちの整体整骨院です。

今日は免疫力を高めるためにいい入浴の話をしていきたいと思います。

風邪をひいたときは入浴を避けるようにということは以前からよく言われていますよね。

実際38度以上の熱がある場合は体力の消耗にもなるので控えたほうがいいですが、微熱程度ならば逆に入浴したほうが風邪の対策になるのを知っていますか?

37度台の時にリンパの働きが高まり、ウィルスと一番戦いやすい状態になるんです。

この温度を入浴などで保つことで早くウィルスを退治することになります。

人の免疫は体温が1度下がることで30%減少するといわれています。

なので熱を下げてしまうことは逆効果になってしまいます。

体を温めることにより血行改善と発汗作が起こります。

血管を拡張させて血流量が増えます。また、発汗作用により体温が上がり、ウィルスの作用も低下します。体温が1度上がると免疫力が5倍になるともいわれています。

こんなにアップするなら体温を上げるべきですよね。

では、入浴に最適な温度はいったい何度なんでしょうか?

ズバリ!!41度です。

大体41度の温度で30分程度体の芯までしっかりと温めるのがお勧めです!!

熱い温度だと逆に交感神経が興奮して血管の収縮が起こり逆効果になってしまいますし、あまりに熱いとなかなか30分入っておくのも難しいですよね。

お湯の量も多すぎると心臓にも負担がかかってしまうので大体胸の下ぐらいの量でいいと思います。

こんな時期だからこそ自宅でも簡単にできる入浴で体を温めて、しっかりと免疫を高めていくことが必要です。

外に出ると怖いのでという方や、今まで運動を定期的に行っていたが施設が空いていないので運動できていないという方も多いです。

少しでも参考になればと思います。

皆さんもコロナに負けないようにできることはどんどんしていってみるのもいいのではないでしょうか?

—————————————————―――――――――

「どのような痛みも根本から改善!」

—————————————————―――――――――

\ バランス整え元気な毎日! /

 

周りの同世代より健康なカラダへ

 

【まちの整体整骨院】

【住所】

神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

神戸市営地下鉄名谷駅徒歩3分 *ルッカビル裏公団の1階にあります!!

【電話番号】

078-792-8444

【診療時間】

平日・日曜:午前9:00~12:00 午後14:00~19:00

土曜:9:00~14:00

木曜定休日

*木曜日以外の祝日も通常通り診療しています。

 

 

コロナで大変な時期だからこそお灸で免疫力UP

2020.04.01

こんにちは、まちの整体整骨院です。

今全世界で猛威を振るっているコロナ。

いつ自分たちにその脅威が降りかかってきてもおかしくありません。

免疫力が落ちていればその分罹患するリスクも高くなってくるのではないでしょうか?

そこで今日は免疫力を高めるためにいいお灸の話をしていきたいと思います。

まずは、お灸とはどういったものか。

お灸とは、実はヨモギの葉っぱから作られています。この葉っぱの裏にある綿毛のような繊毛を集めて作った物を【もぐさ】といい、これを身体全身に分布している経穴(ツボ)に乗せ、火を付け燃やし、その温熱作用や成分で血液やりんぱの流れを良くしていき、症状を緩和していく方法です!!

もぐさと身体の間にビワの葉を置いたり、箱の中にもぐさを入れ燃やし、輻射熱で暖めたり色々な形があります。

このヨモギの繊毛にはシネオールという成分が含まれていて、燃やした時にお灸独特なリラックスした香りと共に鎮痛作用がある成分が身体に吸収され、痛みを緩和していきます。

昔は透熱灸といい、皮膚に直接お灸を置いて燃やし、水ぶくれや化膿をわざとさせて、免疫力を高めたとされています。よくお寺などでしてもらったことがあるという話も患者様から聞きますね。

悪いことをしたらやいとを据えられたって話もよく聞きます。

実際僕も昔お尻にやいとを父親にすえられました。あの時はめちゃくちゃ熱かったですよ・・・・・

直接燃えたものを皮膚に置いて水ぶくれや化膿をさせる訳ですから、そりゃあお灸の跡が身体に残ってしまいますよね。

しかし現在はそういったお灸も行うことはあるのですが、知熱灸といった跡が残らないお灸が主流で、当院もこのお灸を使用しています。

お灸と皮膚の間に台紙を引いたり、隙間を開けて燃やされたお灸が直接肌に当たらない様になっているのでお灸の跡が残りませんし、熱いというよりは温かいといった感じです。

お灸は、免疫力アップにも一役買います。

お灸の熱で体に温熱刺激を与えることで、筋肉や血管、リンパが刺激されます。

これにより、細胞が活性化され、免疫力がアップします。そこに経絡と呼ばれるツボを利用して刺激することでより一層効果が期待できます。

このほか、リンパの流れを改善しむくみの解消を行ったり、温熱効果によって血管が収縮・拡張し局所の充血や貧血を調整し炎症を和らげて痛みを抑える作用もあります。

こんな時期だからこそ、免疫力を高めてコロナに負けない体づくりをしてはいかがでしょうか?

 

—————————————————

「どのような痛みも根本から改善!」

—————————————————

\ バランス整え元気な毎日! /

周りの同世代より健康なカラダへ

【まちの整体整骨院】

【住所】

神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

神戸市営地下鉄名谷駅徒歩3分 *ルッカビル裏公団の1階にあります!!

【電話番号】

078-792-8444

【診療時間】

平日・日曜:午前9:00~12:00 午後14:00~19:00

土曜:9:00~14:00

木曜定休日

*木曜日以外の祝日も通常通り診療しています。

 

骨粗鬆症を予防する為に知っておきたいこと!!

2020.03.28

皆さん骨に自信はありますか?

最近の話ですが、当院の患者様が家で横になっていて起き上がろうとしたときに圧迫骨折になってしまいました。

何の変哲もない日常の動作の中でもこういったことが起こってしまうことがあります。

まさかそんなことでと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、骨粗鬆症になると、骨がスカスカになり、くしゃみや咳、椅子に座ろうとして背骨の圧迫骨折を起こすことだってあります。

前回は女性に骨粗鬆症が多い原因を説明しましたが、今日は、【6つの法則で骨質を高め骨粗鬆症を予防】するためのお話をしていきたいと思います!!!!

骨粗鬆症は、早期にリスクを知り、対策することで予防や管理が可能になってきます。

有効な対策を施さないでいると、たとえ平均寿命が延びたとしても、骨折のリスクを抱え、健康寿命が短くなり、自立した生活をおくれなくなる恐れがあります。

特に、女性の健康においては、骨粗鬆症は深刻な病気です。多くの女性は、加齢にともない骨粗鬆症のリスクが上昇することを知らず、予防措置がとれていないことが多いです.

骨粗鬆症は、骨吸収と、骨形成のバランスが崩れることで発症します。

閉経後の女性は、骨形成に対して骨吸収のほうが優勢になり、骨質が低下しやすくなります。

国際骨粗鬆症財団は、骨質を高め、骨折を防ぐために、次のことを勧めています。

(バランスの良い食事)

カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をとる。

カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄野菜、海草などに多く含まれます。

毎日の食事で、カルシウム200mg(牛乳1本分)を摂取することを心がけましょう。

(ダイエットに注意)

ダイエットをして栄養が不足すると、必要なカルシウムの摂取量も減少します。

若い女性が厳しいダイエットをすると、中年以降に骨量の減少が起こりやすくなります。

無理なダイエットをせずに必要な栄養素をしっかりとることが大切です。

(骨を強くする運動)

骨を丈夫にするために、食事と同じくらい運動が大切になります。

若いころに運動をしなかった人は、年齢が高くなると骨が弱くなり、骨折しやすいことが知られています。

若い頃から、30分の運動を週に3~4回行うことを習慣にすることで、骨粗鬆症を防ぐことができます。

有酸素運動に筋力トレーニングを取り入れるとなお効果的です。

年齢とともに筋力トレーニングをおこなうことも重要になってきます。

(日光を浴びる)

ビタミンDはカルシウムの吸収を良くし、骨形成に欠かせない成分で、食事からだけではなく、日光浴を行うことでこれにより、皮膚でもつくられます。

夏なら木陰で30分程度、冬なら手や顔に1時間程度、日の光を当てることを心がけましょう。

(喫煙とアルコールに注意)

喫煙と過度のアルコール摂取は、骨粗鬆症のリスクを高めてしまいます。

体重のかるいやせた女性ほど、アルコールの弊害を受けやすいので注意が必要です。

(検査を定期的に受ける)

閉経後は、正規的に医師に骨の健康状態を評価してもらうことが必要となってきます。

骨折リスク評価(FRAXなど)を依頼し、必要と診断された場合は骨密度検査を受けましょう。

治療が必要と診断された場合は治療が必要になってきます。

現在では多くの種類の骨粗鬆症の治療薬が使用されています。

骨粗鬆症になり骨折をすれば、部位にもよりますが長期間の固定や安静が必要になる事もあります。
そうなれば体のほかの部分にも様々な問題が出てくることもありますので大変です。

そなならないためにも、このポイントを抑えておくことで、今後起こるかもしれない骨粗鬆症のリスクを少しでも少なくして
健康な日常生活を送れるようにしてみてはいかがでしょうか。

—————————————————―――――――――

「どのような痛みも根本から改善!」

—————————————————―――――――――

\ バランス整え元気な毎日! /

 

周りの同世代より健康なカラダへ

 

【まちの整体整骨院】

【住所】

神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

神戸市営地下鉄名谷駅徒歩3分 *ルッカビル裏公団の1階にあります!!

【電話番号】

078-792-8444

【診療時間】

平日・日曜:午前9:00~12:00 午後14:00~19:00

土曜:9:00~14:00

木曜定休日

*木曜日以外の祝日も通常通り診療しています。

 

1 2 3 4 5 6 14

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0787928444

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒654-0154
兵庫県神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
神戸市営地下鉄名谷駅から徒歩3分

0787928444

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まちの公式LINE
友だち追加

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
まちの通信
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

まちの整体整骨院 神戸

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒654-0154
    兵庫県神戸市須磨区中落合3丁目1-440-103

  • 診療時間

    月・火・水・金・日9:00~12:00, 14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    神戸市営地下鉄名谷駅から徒歩3分

pagetop